やっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査

住宅を購入するためのローンは一般的な融資とは異なって、長期固定金利で借りる事ができるという特徴があります。

サイト内検索(by Google)
Navigationやっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査

住宅を購入するためのローンの特徴

住宅を購入するときのローンは、一般的なローンとは異なっている点があります。その一つが長期固定金利を利用できるという事です。
一般的なローンでは、市場の金利動向にあわせて金利が変化する「変動金利」が適用されます。銀行などの金融機関としては、変動金利のほうがリスクが少ないために、変動金利でのローンは積極的に提供してくれますが、手故意金利のローンは消極的だと言えるでしょう。それにも関わらず、住宅を購入するときには長期間にわたって固定金利で貸してくれます。銀行などの金融機関は、固定金利はリスクが高いために、リスクに見合う分だけのプレミアム(料金のようなもの)を上乗せするのです。
そのために、固定金利は変動金利に比べると金利が高い傾向にあります。

住宅を購入するためのローンの特徴としては、金利が低いという事もあります。一般的な融資に比べると低金利という特徴はあるでしょう。事業融資を受ける場合などと比べると、低い金利で借りる事ができるという特徴があるのです。
なぜ金利を抑えられるのかというと、担保を設定するからです。
住宅を購入するときには、購入する住宅を担保にして借りることになります。担保を設定すれば銀行側もリスクを抑える事ができるために、金利を低く設定する事ができるのです。
このように、住宅を購入するときのローンにはいくつかの特徴があります。長期固定金利で借りる事ができるというのは、非常に魅力的なものでしょう。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 やっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査 All Rights Reserved.