やっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査

住宅を購入するときのローンでは金利タイプを選ぶ事ができますが、固定金利を選んでおくほうが良いでしょう。

サイト内検索(by Google)
Navigationやっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査

住宅を購入するときには固定金利のローンがおすすめ

住宅を購入するときには、固定金利でローンを組むのが良いといわれる事が多いようです。
多くの人が固定金利を利用しているようです。
政府が運営する住宅金融支援機構はフラット35を提供していますが、このフラット35も固定金利です。
やはり政府としても安全な固定金利を勧めていると考えられます。固定金利というと、変動金利に比べて金利が高いという傾向がありますから、あまり好まないという人もいると思います。できれば金利の低い変動金利で借りたほうが良いと考える人もいるでしょう。
しかし、長期的に考えて見れば、固定金利は非常にすぐれていると考えられるのです。

ここ最近で、政府は日銀に働きかけて、インフレ率を2パーセントに誘導しようと考えています。そのために金融緩和が行われ、そして資産買い入れプログラムなども行われています。この状態であれば金利は低いのですが、いずれはインフレ率は上昇するでしょう。インフレ率が上昇すれば、政府が採用する政策は金利引き締めです。
金利を引き上げる事によって、過度な通貨需要を押さえてインフレ率を抑えようとするのです。
これは、経済の基本的な手法だと言えるでしょう。これを考えれば、金利が上昇するのは時間の問題だと言えるでしょう。いつ金利が上昇するのかは分かりません。かなり先になるかもしれません。
しかし、住宅を購入するためにローンを組めば、返済は非常に長くなるでしょう。例えば30年くらいのローンを組む人も多いでしょう。それを考えれば、やはり固定金利を選択を選択しておくほうが、リスクは小さいでしょう。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 やっぱり大変?住宅ローン返済の実態調査 All Rights Reserved.